ダクトレス式第1種換気 passiv Fan(パッシブファン)

ZEH達成のためには、高性能建材である断熱材・樹脂サッシ・第1種換気などが必須アイテム。しかし第1種換気だけは、未だに普及が遅れています。従来の第1種換気システム(ダクト式)が普及していない理由は様々です。「電気代が高い」、「ダクト施工が大変」、「空間設計が制限される」、そして「メンテナンスが面倒」。これらの問題点は”ダクトレス式”の登場により解決されました。それが業界トップクラスの熱交換率90%を実現するpassiv Fan(パッシブファン)。従来製品と比較すると電気代は約半分。そもそもダクトがないので施工性、設計の自由度は格段に向上。メンテナンスも専門業者でなく、お施主様がご自身で簡単にできます。しかもpassiv Fanはメイドインジャパン。在来・2×4工法にも適しています。同じダクトレス式を採用しているドイツ製の他の商品に比べて静音性能が高くコンパクト。日本人に好まれる仕様にこだわりました。

 

電気代は従来の第1種換気の約半分

40坪の木造住宅で比較すると、ダクト式の第1種換気にかかる年間電気料金は約8,000円。ダクトレス式のpassiv Fanは、ファンを小型化させることで電力消費を大幅に抑制。半分の約4,100円。従来の第3種換気と同等の電気料金で運転することが可能です。最大90%の熱交換率を実現するため、光熱費の削減にも大きく貢献してくれます。使用電力・メンテナンス費・電気代削減額を差し引きすると、年間で実質10,480円もお得になります(メーカー資料)。

業者に頼らず、自分でメンテナンスが可能

ダクト式の第1種換気は、ダクトを屋根裏に設置します。そのため年1~2回行なうメンテナンスでは、天井裏や床下を開けて作業をする必要がありました。業者に依頼する場合には余計な出費に繋がることも。passiv Fanはそのシンプルな構造故に、お施主様がご自分で、しかも室内にいたまま掃除やメンテナンスができます。passiv Fanはフィルターの交換は不要。蓄熱エレメントも年に1回の水洗いでOK。従来の第1種換気のように、紙素材のフィルターを定期的に交換する必要はなく、電気料金以外の余計な出費を抑えられます。また国内開発商品なので、ダクトレス式に多い海外メーカーの商品に比べて、故障時の問合せ、パーツお取り寄せなどのアフターフォローも安心です。

 

<ダクト式・ダクトレス式のメンテナンスの際のイメージ>
従来のダクト式(左)では脚立を用意したり、天井のフタを開けたりとお年寄りや女性に負担のかかる構造。ダクトレス式(右)を採用したことで、掃除やメンテナンスは壁についたマグネット式のフタを空けるだけ。工具を必要とせず、すべて手で分解できる簡単な構造です。

 

<passiv Fan メンテナンス動画>

ダクトに縛られない自由な空間設計

ダクトレス式のpassiv Fanは、空間設計に干渉しません。そのため、吹き抜け、スキップフロア、ロフト、勾配天井などの設計が思いのままです。また、注文住宅ではプラン完成までに平均して約6回程度のプラン変更があるもの。ダクト式の場合は変更の度に実行予算の再計算が必要でした。passiv Fanは1台 25㎥/h の換気ユニットで計算できるため、細かなプラン変更があっても実行予算の再計算は不要です。

従来の第1種換気システムは、ダクトや機械を収めるため、天井裏等にスペースが必要でした。しかも紙製の熱交換素子は定期的な交換が必要。passiv Fanは壁に取り付けるだけなので、設計上の制限が極めて少なくなりました。しかもセラミック製の蓄熱エレメントは水洗いが可能なので、ずっと交換不要です。

換気ユニットは一般的な商品に比べて小型サイズ(W235mm、H205mm、D43mm)。空間設計の妨げになりません。

 

<passiv Fan 製品紹介動画>

 

<passiv Fanのご提案について>
◆価格については、お気軽にお問合せ下さい。
※換気ユニットの目安台数は、延べ30坪前後の住宅で4台~、35坪前後の住宅で6台~となります。物件の坪数や間取り(居室の数)によってもご提案台数は変動します。