年収200万円台の方が選ぶ2LDK持ち家プラン

2020年10月に発表された新規格プラン「Mini〇(ミニマル)」は、現代の20代、30代のミニマリスト向けのコンパクト住宅ブランドです。ミニマリストとは、生活に必要な最低限のものだけを選び、余計なものは買わない、置かないという考えを貫く方々のことを指します。例えば、余計な家具は置かない、車は買わない、服は多く持たない、テレビは見ない。物質的にも金銭的にも、生活する上で余計なモノを選ばないという非常に現実的な考え方です。だから、平均年収でも満足しており、住宅ローンを目いっぱい組んでまで家を建てるつもりもありません。しかしミニマリストの中にも、これから先も賃貸住宅で家賃を払い続けるのではなく、将来のためにも「持ち家」を手に入れたいという方が一定数いらっしゃいます。だからこそ、年収200万円台で「これまで持ち家なんて考えもしなかった」という方や「住宅ローンの返済で一生を終えたくない」という方のために「Mini〇(ミニマル)」は誕生しました。

シングルマザーを応援する家づくり

「Mini〇(ミニマル)」は、日々、精一杯頑張っているシングルマザーの方々に、安心できる「持ち家」を提供したいという想いから誕生しました。必要最低限のコンパクトな仕様(平均20~25坪)で、土地・建物・付帯工事費用すべてコミコミで月々4万円台(※)のローン返済で購入することが可能。もちろん、コンパクトなローコスト住宅を多くの方にご提供してきた実績があるから、生活しやすい間取りや住宅設備へのこだわりは忘れていません。
※建物販売価格(付帯工事費込み):2階建(約23坪)1,050万円、土地価格:約40坪500万円(山梨県甲府市)、その他諸経費:200万円、住宅ローン:35年払い、変動金利0.625%の条件を想定しています。

24時間365日のオンライン対応

シングルマザーの場合、昼と夜、平日と土日で別々の仕事をしているケースが多々あります(ダブルワークもしくはトリプルワーク)。だから「Mini〇(ミニマル)」のホームページでは、メールやLINEを通じた24時間365日のオンライン対応を行なうことにしました。お問い合せくださったお客様は、完全予約制にて24時間365日、お好きな時間にお電話での相談やZOOMでのWEB相談が可能です。もちろん、山梨県甲府市のハイグレードホーム研究会の本部であるデザインハウス甲府が先行してこの取り組みを運用。成功事例をマニュアル化して各会員店にご提供いたします。「家づくりのプロの立場から、頑張っている方々を応援したい」という想いに共感いただける工務店様と共に、このブランドを育てていきたいと考えています。

Mini〇で家作りを決断した方々のホンネ

Mini〇(ミニマル)の先行販売で家を建てられた方々の声を一部ご紹介します。シングルマザーをはじめ独身の方が無理なく購入できる価格設定だから、ローン返済期間を短縮したり、賃貸住宅の家賃と比較して持ち家購入を決断したりと、様々な方々から選ばれています。

テレワーク普及で顧客ニーズが変化

※引用:東京の一極集中、終わりの始まり? 「住みたい街ランキング」にも異変/2020年9月19日/株式会社ジェイ・キャスト
※リンク先URL:https://this.kiji.is/679887279966372961?c=313896960384287841
テレワークが普及したことで、東京都を中心に都市部の人口減少が進んでいます。株式会社ジェイ・キャストが運営するJCASTニュースは、2020年9月19日に『新型コロナウイルスの影響で「密」を避ける動きが鮮明化したことやテレワークによる働き方が広がっていることから、東京都の人口は転出超過の傾向が続いている』と発表しています。別のニュース記事では「職場からのアクセス」よりも「在宅ワークスペースの環境整備」に関心が高まっているという指摘もあり、地方に人が戻ってくるという期待が高まっています。現に、山梨県甲府市にあるハイグレードホーム研究会の直営店においても、直近3ヶ月以内で都市部からの転居を前提とした住宅購入希望者の問い合わせが急増。一方、これから住宅を購入する方は、今後の市況や将来への不安から住宅ローンでは無理のない返済計画を立てる方が増えると予想することができ、今後ますます住宅のローコスト化・コンパクト化が進んでいくと考えられます。

プラン・ノウハウを全面提供

全国の工務店社長からいただくお悩みの声で多いのが、新しい規格プランを作るにしても人手が足りない。今どきの20代~30代にヒットするデザインが分からない。従来の注文住宅の売り方が通用しなくなってきている。棟数・売上ともに年々減少している、などなど。それもそのはずです。大手FCやコンサル会社が発表する新作ヒット商品の多くは、多額の予算を投じて数万人規模のアンケートを実施し、入念なマーケティングリサーチを行なった上で誕生しています。さらに、直営店・モデル店舗による数か月の試験運用を経て、やっと会員店に提供されるもの。地場工務店の社長が1人で作るには予算も労力もアイデアも不足して当然。だからこそ、ハイグレードホーム研究会では、会員店に替わって山梨県甲府市の本部にて新規格プランを立ち上げ、実績が証明されたノウハウだけを全国の会員店に横展開。規格プランの図面一式、ホームページ、広告チラシ、営業マニュアルまで全てご提供します。新ブランド「Mini〇(ミニマル)」はこのような経緯で誕生した数あるブランドの1つであり、今後も時代に沿った新ブランドを研究・開発していきます。もちろん、全国約50店舗の会員店との共同仕入れによる実行予算の削減も可能。さらには、一人で年間20棟以上を販売した経歴を持つスーパーバイザーが、会員店に直接訪問しての営業研修も可能。コロナ禍になってからは、若手スタッフの教育のためにWEB会議を使った模擬商談(ロープレ)を毎日のように実施しています。

新規立ち上げでも初年度で10棟契約

ハイグレードホーム研究会が会員店にご提供するのは、売れる商品や販売ノウハウだけではありません。例えば、2020年4月施行の改正民法に対応する契約書約款のひな形は施行前から会員店に研修を通じてサポート。さらに、最新のインスペクション(建物状況調査・建物診断)の基準に則った「施工不良が出ない建築方法」を全てマニュアル化して会員店にご提供。工務店経営に必要なサポートが幅広く整っているため、営業出身の方、職人出身の方が新たに工務店を立ち上げる場合でも、初年度から10棟の契約が取れたという実績があります。だから、他のFCと・VCの掛け持ちは不要です。仮に月会費3万円のFC・VCでも、2~3社を掛け持ちすれば月額では6~9万円。どの組織に所属するか一本化することで、様々な意見に振り回されることもなくなり、月々の経費もスリム化することができます。ぜひこの機会にセミナーにご参加いただき、どんな組織なのか、どんな支援が期待できるのか、ご自身でお確かめください。

「Mini〇(ミニマル)」発表セミナー概要

■開催日:
①2020年11月11日(水)
②2020年12月  9日(水)
※いずれも13:30~15:00(13:00開場)となります。

■開催場所:
デザインハウスP・R株式会社 東京セミナールーム
※住所:〒113-0034 東京都文京区湯島2丁目4番10号 アイビービル302号室
※お電話番号:03-6801-5093
※アクセス:JR各線「御茶ノ水駅」より徒歩9分(JR東京駅からの移動距離は約15分)

■ご参加費用:無料
※各回とも5社まで(先着順)とさせていただきます。

【補足事項】
新型コロナウイルスの感染拡大状況により、WEBセミナーに変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

<ご参加お申込みフォーム>

 

※お申込みいただいた後、メールにて担当者より詳細案内をお送りします。